スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明石虎雄の史料を発見(栃木県日光市)

 JR日光駅舎を設計した鉄道院技手・明石虎雄(あかしとらお)の残した史料が発見された。
 肖像写真や「日光の社寺」の構造や建築様式を克明に記したスクラップなどで、日光東照宮などを詳細に調査し、駅舎設計の参考にしたとも読み取れるという。[下野新聞]
スポンサーサイト

松村写真館(栃木県足利市)

 明治天皇崩御の際に殉死した乃木希典(のぎまれすけ)・静子夫妻の自刃当日の写真が松村写真館で発見された。
 希典は日露戦争で旅順要塞を落としたことで知られる陸軍軍人で、夫妻は明治天皇の大葬が行われた大正元年(1912)年九月十三日午後八時頃に自宅居室で自刃し、国内外で報道されて大きな話題となったという。[産経新聞]

尾形乾山の史料を発見(栃木県)

 江戸時代を代表する陶工・尾形乾山(おがたけんざん)が晩年、栃木県佐野市で残したとされる自筆伝書『陶磁製方(佐野伝書)』と「素焼きの皿」3点など計6点が県内で発見された。
 伝書や陶器の書き付けなどから、乾山が佐野で作陶した作品群「佐野乾山」解明の第一級史料だという。[産経新聞]

浄因寺(栃木県足利市)

 葛飾北斎が錦絵に描いた月谷町の古刹(こさつ)「行道山浄因寺」の地蔵堂で、石仏の地蔵座像と信者が納めた木っ端仏の地蔵像45体などが発見された。
 同寺は明治十九年(1886)の火災で倉庫を除く堂宇(建物)のほとんどを失ったとされていたが、地蔵堂は焼け残り、昭和時代初期まで民衆の信仰を集めていたとみられるという。[毎日新聞]

車塚古墳(栃木県壬生町)

 日本最大級の円墳「車塚古墳(国史跡)」の玄室(げんしつ。墓室)と前室の内面が赤彩で施され、神々しいものであったと考えられることがわかった。
 31日午前10時と午後1時に現地説明会が、11月21日に壬生町中央公民館でシンポジウム「みぶ車塚古墳の時代」があるという。[下野新聞]

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。