スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林中原II遺跡(群馬県長野原町)

 林中原II遺跡で、縄文時代中期~後期(4500~5000年前)の焼かれた人骨片が多数発見された。
 出土状態から葬送儀礼を営んだとみられ、縄文人の死生観をうかがわせる興味深い発見といえるという。[東京新聞]
スポンサーサイト

昭和時代の前橋のアルバムを発見(群馬県前橋市)

 戦後の高度経済成長期に前橋市内を撮影した写真アルバムが発見された。
 パネル展「写真で振り返る昭和三十年代の前橋市」で、前橋市役所一階ロビーで本日まで開かれているという。[東京新聞]

下原古墳群(群馬県太田市)

 下原古墳群で古墳や平安時代の水田跡が発見された。
 6日午前10時と11時と午後1時と2時に現地説明会があるという。[太田市]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。

多胡郡正倉(群馬県高崎市)

 奈良時代の上野国(群馬県)の出来事を記した「多胡碑(たごひ)」周辺碑と同時代の総瓦葺ぶき大型倉庫跡が発見された。
 瓦葺き倉庫の確認は県内初で、一帯を古代の役所「郡衙(ぐんが)」の主要施設・正倉院(倉庫群)と認定、「多胡郡正倉跡」と命名し、本0日と2月6日各午前9時半から現地説明会を開くという。[読売新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。

明治~大正時代のキリスト教史料を発見(群馬県安中市)

 松井田町の永井家で、明治~大正時代のキリスト教関連の聖書や書籍などの史料が大量に発見された。
 同家は明治以降に教会学校を開いており、新島襄との交流を示す文書もあったという。[上毛新聞]
ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。