スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂城(三重県松阪市)

 松坂城跡で江戸時代の石垣の形状について新たな発見があった。
 14日午前10時から現地説明会があるという。[松阪市]





※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
スポンサーサイト

斎宮(三重県明和町)

 斎宮跡(国史跡)で平安時代終わり頃の用途不明の敷石状遺構が発見された。
 2月中旬まで発掘現場を公開しているという。[伊勢新聞]

名張古写真資料館(三重県名張市)

 名張古写真資料館で、戦中の宇流冨志禰神社の秋祭りで獅子神楽を披露する様子を撮影した写真が発見された。
 当時の伝統行事を知る貴重な写真だという。[産経新聞]

名張城(三重県名張市)

 安土桃山時代に築かれた名張城を詳細に描いた江戸時代中頃の「城下町絵図」が名張藤堂家の家臣の子孫宅で発見された。
 城の存在は石垣の出土で裏付けられ、他の絵図も7枚確認されているが、「本丸」や「水堀」が描かれた城の詳細な絵図は初めてだという。[産経新聞]

小牧南遺跡(三重県四日市市)

 小牧町の小牧南遺跡で、縄文時代中期(約4000年前)の掘立柱建物跡3棟と竪穴住居跡4棟が発見された。
 以前に見つかったものと合わせると掘立柱建物8棟、竪穴住居11棟となり、同時期の集落としては北勢地方で最大級だったことが判明、28日午前10時から現地説明会があるという。[読売新聞]
ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。