スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久茂地尋常小(沖縄県那覇市)

 旧久茂地小で、戦前あった久茂地尋常小学校の柱の基礎にあたる「礎石(そせき)」跡数点が発見された。
 形は正方形で一辺の長さは約30cm、また、同小の体育館がある敷地には琉球王朝時代の女神官「那覇大阿母(おおあむ)」の屋敷跡があったとされ、体育館撤去後の調査で関連する遺構が見つかる可能性も残るという。[沖縄タイムス]
スポンサーサイト

浦添城(沖縄県浦添市)

 国史跡「浦添城跡」で新たに城壁が発見された。
 14日午後1時半から一般公開するという。[浦添市]

クラマドガイ(沖縄県竹富町)

 西表島東部の仲間川や前良川のマングローブ林で見つけた化石になる前のクラマドガイが4500~6000年前の同島沿岸に生息していたことがわかった。
 クラマドガイは干潟ではなく、水深2~10m付近の海底に生息する特徴があり、同島のマングローブ林は内湾の浅い海底だったと推定できるという。[八重山毎日新聞]





※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。

太平橋(沖縄県那覇市)

 琉球王国が1597年に整備した石橋「太平橋(たいへいきょう)」跡が発見された。
 同橋は1609年の薩摩藩による琉球侵攻の激戦地として知られているという。[読売新聞]

米統治下の琉球政府文書を発見(沖縄県)

 米統治下で沖縄で行われていた言論統制に関する大量の琉球政府文書「出版物に関する書類」が発見された。
 全体で約3900枚に及ぶ琉球政府秘書課の永久保存文書で、基本的人権である表現や言論の自由がなかった事実が凝縮されて記録されている最高の1次資料だという。[琉球新報]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。