スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漱石山房(東京都新宿区)

 夏目漱石が晩年を過ごした自宅跡で、建物の基礎が発見された。
 房総半島(千葉県)などで採掘される「房州石」で構成されており、江戸時代以降のものと推定されるという。[東京新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
スポンサーサイト

明治時代の実習日誌を発見(高知県高知市)

 高知県立高知農業高校の前身となる県立農林学校の卒業生が記録した104年前の実習日誌が発見され、同校に寄贈された。
 明治時代の作業内容に加え、農産物はカラーで詳細に描かれているのが特徴だという。[日本農業新聞]

今浦浅間堂(三重県鳥羽市)

「志摩国3万石に過ぎたるもの」と称された江戸時代後期の鳥羽藩の柔術家・荒井十内(じゅうない)が取得した古流柔術流派・三浦流の免状など多数の古文書が今浦浅間堂で発見された。
 十内が三浦流の「二十二代目伝流」を名乗って免状を授与する文書もあり、十内研究に弾みがつきそうだという。[毎日新聞]

京都大(京都市左京区)

 戦中に海軍から原爆研究を委託された京都帝国大(現京都大)の荒勝文策研究室が、ウラン濃縮の遠心分離装置開発に取り組んでいたことを示すノート3冊や関連資料が京大放射性同位元素総合センターで発見された。
「サイクロトロン(円形加速器)」がGHQによって破壊された時は、「日本の地から原子核研究の芽をつみ取られる事は誠に残念」などと書いてあるという。[京都新聞・毎日新聞]

大正時代の円形劇場(福岡県うきは市)

 道の駅うきはで大正時代の円形劇場跡が発見された。
 大正十二年(1923)に結成された農民劇団「嫩葉(わかば)会」が、当時の山春村の地元有志ともに完成させたギリシャ式野外円形劇場で、7月18日午前10時から現地説明会があるという。[うきは市]

高山耕山化学陶器のレンガを発見(京都市下京区)

 戦中に毒ガスの蒸留装置を製造していた陶器会社「高山耕山化学陶器」の巨大工場のレンガが、下京区の住宅塀として現存していたことがわかった。
 レンガの写真は7月4・5両日、同区で開かれる戦争企画展「戦争と銃後のくらし展・しもぎょう」で展示するという。[京都新聞]






※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。

パッポケリスロシナエ(ドイツ)

 バーデン・ビュルテンベルク州で三畳紀中期(約2億4000万年前)の甲羅がないカメ類の祖先の小柄爬虫(はちゅう)類の化石が発見された。
 カメの祖父という意味で「パッポケリス・ロシナエ」と名付けられたという。[ネイチャー・時事通信・Yahoo!ニュース]

明治~大正時代の建物跡を発見(横浜市中区)

 横浜市の新庁舎建設予定地で、明治~大正時代のものとみられるレンガ造りの建物の基礎などが発見された。
 同所にあった旧逓信省灯台局などに関連する遺構の可能性があるという。[読売新聞]

高山右近の教会跡を発見(京都市伏見区)

 キリシタン大名・高山右近が加賀藩の客将だった江戸時代初期にかかわって建てたとみられる教会の通路跡が月桂冠の敷地で発見された。
 幅2.4×8.4m、古絵図「豊公伏見城ノ図」には町家に囲まれ「高山右近」と記された敷地に至る通路として書かれてあるという。[中日新聞]

今井孝市の日章旗を発見(栃木県矢板市)

 戦中末期にに学徒出陣で出征した今井孝市少尉に贈られた寄せ書き入りの日章旗2枚が発見された。
 一つは身近な人とみられる寄せ書きで、もう一つには「栃木県知事 安積得也、栃木県会議長 渡辺志郎、栃木県農会長 矢部藤七」などの名があったという。[下野新聞]
ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。