スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎県立平和台公園(宮崎県宮崎市)


 県立平和台公園にある「平和の塔」に彫られた碑文「八紘一宇(はっこういちう)」の基になった秩父宮雍仁(やすひと)親王の揮毫(きごう)した書が、終戦直後の昭和二十一年(1946)から一時期、宮崎神宮(同市)で焼却処分を装い、地中に隠して保管されていたことがわかった。
 戦後、「八紘一宇」を侵略戦争を正当化した標語だとして、公文書での使用を禁じた連合国軍総司令部(GHQ)の追及の目を逃れるためだったとみられているという。[毎日新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。