スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堂道遺跡(山口県山口市)


 堂道遺跡で弥生時代後期~古墳時代初頭の壺棺墓(つぼかんぼ)、円形周溝(えんけいしゅうこう)墓、土坑(どこう)墓等の埋葬跡、奈良・平安時代の掘立柱建物跡、溝跡等の集落跡、縄文土器、弥生土器、奈良・平安時代の土師器(はじき)・須恵器(すえき)等の日常容器のほか、緑釉陶器(りょくゆうとうき)や製塩土器等の特徴的な土器が発見された。
 9月5日午前10時から現地説明会があるという。[山口県]






※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。