スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神明遺跡(岡山県総社市)

 福井の神明(しんめい)遺跡で発見された銅鐸(どうたく)の、ひもを通す上部のつり手部分・鈕(ちゅう)に「流水文」があることがわかった。
 鈕に流水文のある銅鐸は国内4例目で、胴体部には格子状の「袈裟襷(けさだすき)文」と三角形の「鋸歯(きょし)文」があしらわれていたことも判明、5日午後1時からの現地説明会で銅鐸を公開するという。[山陽新聞]

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。