スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パグリッチ洞窟(イタリア)

 旧石器時代の遺跡「パグリッチ洞窟」で発見された3万2600年前の石器に、野生のカラスムギ類などの種子をすりつぶした微粒子が付着していたことがわかった。
 たき火などで乾燥させてからすりつぶし、粉にして煮て食べていたとみられるという。[時事通信・アメーバニュース]
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。