スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリティロドン(福井県大野市)

 和泉地区の手取層群伊月層で、爬虫(はちゅう)類から哺乳類などへ進化する途中の白亜紀前期(約1億3000万年前)の小型生物・トリティロドン類の切歯(せっし)の化石が県内で初めて発見された。
 同類はジュラ紀末(約1億5000万年前)までに絶滅したと考えられており、26日~10月12日に大野市歴史博物館で展示し、10月14日以降は和泉郷土資料館に常時展示するという。[福井新聞]
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。