スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八神上ノ原遺跡(島根県江津市)

 松川町八神(やかみ)地区で、平安時代後期(11世紀後半~12世紀)に地域拠点的な役割を担った施設跡とみられる建物跡と鍛冶炉跡4か所が発見された。
 庇(ひさし)付きの格式ある建物だったと考えられ、水運管理や農地開発などの機能を持っていた可能性があるという。[山陰中央新報]

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。