スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平城宮≧造酒司(奈良県奈良市)

 奈良時代に平城宮で酒や酢の醸造を担った役所「造酒司(ぞうしゅし)」跡で「臭酢鼠入在(ネズミ入りの臭い酢)」と書かれた木簡が発見された。
 長さ10.6cm、裏には「臭臭臭臭臭(クサすぎ~)」と書かれており、奈良文化財研究所平城宮跡資料館の特別展「地下の正倉院展」で展示しているという。[読売新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。