スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片貝家ノ下遺跡(秋田県大館市)

 比内町片貝にある集落跡「片貝家ノ下遺跡」で、竪穴住居の屋根跡が発見された。
 十和田湖周辺の火山で平安時代の915年に起きたとされる大噴火で灰が流入し、住居が埋もれて地層化したとみられ、14・15日の各午後1時から現地説明会があるという。[毎日新聞]

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。