スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近藤真琴→大槻文彦の手紙を発見

 明治時代に「平仮名主義」を主張した元鳥羽藩士で、鳥羽商船高等専門学校の創設者・近藤真琴が、初の近代的国語辞典『言海』を編集した国語学者・大槻文彦に宛てた平仮名書きの手紙が発見された。
 毛筆で書かれた封書の手紙は「あさくさ いまどまち 二十一ばんち」の大槻に宛てたもので、明治十六年(1883)七月八日の消印が押されていたという。[毎日新聞]
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。