スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平安貴族邸(京都市中京区)

 平安貴族邸跡と考えられる井戸の中から、仁徳天皇をたたえた和歌「難波津(なにわづ)の歌」がほぼ全文書かれた木簡が発見された。
 大きさは34.5×3.5×0.4cm、2行にわたって仮名文字が書かれ、右側に「左久也己能波奈」を崩した文字など31字超、左側に20字が記されており、13日まで京都市考古資料館で公開しているという。[毎日新聞]





※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。