スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善光寺地震の史料を発見(長野県白馬村)

 昨年11月に最大震度6弱を観測した県北部の地震で全壊した白馬村の古民家から、1847年の善光寺地震の際も、地元の住民が協力して被災者の救助に取り組んでいたことが記録されていたことがわかった。
『居宅普請諸事控日記』には、激しい揺れで倒壊した家屋に家族ら11人が閉じ込められたが、村民がかやぶきの屋根に穴を開けて全員を無事救出したことが記されており、長野市立博物館の企画展「救い出された地域の記憶」で、古文書などを6日まで公開しているという。[毎日新聞]
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。