スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向羽黒山城(福島県会津美里町)

 向羽黒山城跡(国史跡)の「一曲輪(いちのくるわ)」で石積みの遺構が発見された。
 同城は戦国時代の永禄四年(1561)~十一年にかけて葦名盛氏が築いたとされ、無数の曲輪や堀、土塁を備え、東北地方で最大規模を誇ったといわれているという。[福島民報]
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。