スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪城≧衛戍刑務所(大阪市中央区)

 昭和七年(1932)に上海爆弾事件を起こした日本植民地時代の独立運動家(当時の日本から見るとテロリスト)・尹奉吉(ユン・ボンギル)が日本で処刑される前の約1か月間を過ごした大阪城内の衛戍刑務所跡が発見された。
 同所は当時の日本陸軍第4師団司令部が設置されていた大阪城の近くに跡地があるという情報があったが、城内に跡地があることことが確認されたという。[聯合ニュース]
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。