スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広岡浅子の資料を発見(アメリカ)

 大丸心斎橋店(大阪市中央区)や大同生命の旧本社ビル(同市西区)などを手がけたアメリカの建築家ウィリアム・メレル・ボーリズが、大同生命保険や日本女子大の創設に貢献した広岡浅子との交友や活動に関して1919年に残した文献が発見された。
 キリスト教伝道にも力を注いだボーリズが、活動記録を米国などの教徒向けに英文でつづった冊子「近江マスタードシード」1919年2月号で、同年1月に亡くなった浅子の追悼記事を3頁にわたって掲載しているという。[共同通信・日本経済新聞]
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。