スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オラーンヘレム墳墓(モンゴル)

 正倉院宝物の一つ「鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)」のような、樹下にたたずむ人物を描いた屏風とみられる絹の断片が、モンゴルの「オラーン・ヘレム墳墓(7世紀後半)」で発見された。
 また、同宝物「琵琶袋残欠びわのふくろざんけつ」に似た文様や、ペルシャなど西域製とみられる錦も新たに確認され、シルクロードを通じた東西交流がモンゴルにも及んでいたことがうかがえるという。[読売新聞]
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。