スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕末琉球の地震観測記録を発見(フランス)

 フランスの宣教師ルイ・ヒュレによる1855~1860年の琉球(沖縄)の地震観測記録文書が発見された。
 1857年3月~1860年8月までの間には、大小、長短の地震が45回発生、最強の地震は1分30秒続き、倒壊する家もあったという。[沖縄タイムス]
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。