スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中町遺跡(宮崎県都城市)

 江戸時代に都城島津家領の唐人町があった中町遺跡で、明治~昭和時代の瓦片やサイダーの瓶、陶磁器のほか江戸時代の通貨「寛永通宝」が発見された。
 唐人町は1615年の一国一城令により領主が現在の市役所の場所に屋敷を構えて以降、中国からの渡来人が住む町として栄えたという。[西日本新聞・毎日新聞]
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。