スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須玖タカウタ遺跡≒奴国(福岡県春日市)

 須玖(すぐ)タカウタ遺跡で、弥生時代中期前半(紀元前2世紀)の青銅鏡「多鈕(たちゅう)鏡」の鋳型が発見された。
 国内最古の青銅鏡鋳型で、国内の青銅鏡生産の開始時期が200~150年さかのぼり、28日から6月3日まで奴国の丘歴史資料館(春日市)で展示するという。[毎日新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。