スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大正時代の武者絵幟の下絵を発見(栃木県佐野市)

 5月の節句でこいのぼりとともに屋外に飾られた大正時代頃の武者絵幟(のぼり)の下絵約60点が市内で発見された。
 図柄は川中島の戦いの上杉謙信と武田信玄、小牧長久手の戦いの徳川家康、豊臣秀吉で、同市はひな人形やこいのぼりなど特定期間だけ売れる際物(きわもの)の生産地として知られていたという。[産経新聞]

川中島の戦い




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。