スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンクラーの下宿(イギリス)



 夏目漱石がロンドンに留学した際の初めての下宿先が、定説となっている「スタンリー・ホテル」ではなく、「フランシス・ヘンリー・ウィンクラー」という男性が営んでいた下宿だったことがわかった。
 漱石は明治三十三年(1900)に熊本の第五高等学校(現熊本大)在任中に、文部省の派遣で2年2か月にわたり英国に留学したがも、少ない留学費を少しでも多く書籍代に回すため、家賃が安く、教養ある家主がいる下宿を求めて5か所を点々としたという。[西日本新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。