スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弘瀬健太の資料を発見(高知県高知市)

 土佐勤皇党員として尊皇攘夷に奔走した幕末の志士・弘瀬健太の資料が遺族宅で発見された。
「真の人は智もなく徳もなく功もなく名もなく……」という『徒然草』の一節を写した書や、吉田松陰の歌を書きとめた色紙、没後明治新政府から遺族に贈られた「従四位」の贈位記など4点だという。[高知新聞]



※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。