スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中林梧竹記念館(佐賀県小城市)

 中林梧竹(ごちく)記念館が収蔵する書家・中林梧竹の臨書作品の中で、長らく出典不明だった謎の書「秦漢瓦当数種」が、中国・秦漢時代の瓦に記された「瓦当文(がとうぶん)」であることがわかった。
 梧竹は晩年になっても表現の幅を広げようと、古人の書を手本に研さんを積んだという。[西日本新聞]
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村
最新記事
プロフィール

fumiyasakurada

Author:fumiyasakurada
桜田史弥

月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。